知多半島(半田市 東海市 知多市 常滑市 大府市 東浦町 阿久比町 美浜町 南知多町 武豊町)や碧南、西尾、岡崎、名古屋などを中心に県内外・海外の方にご利用いただいている漢方薬局です!半田:鍼灸の桜門


時間をかけて細かくご相談することで、漢方はより正確にお身体に合わせることができます。 漢方の服用のみでなく、正しく、ツボを知ることにより、漢方のみでは知りえなかった効果を発見することができます。より速い、妊娠、腰痛、アトピーの痒み改善、自律神経の安定につながります。
オフィシャルサイト
桜門はお城の本丸の正面入口を示す用語です。)


お気軽にご相談・ご予約下さい。

☎:0569-89-0569


お問い合わせ⇒
◆直メールnagoyakanpo@yahoo.co.jp
【基本平日・土曜・祝日対応】
時間外などもお問い合わせ下さい。

お酒と漢方養生

  漢方薬の健康法に取り入れましょう。


酒は百薬の長の可能性




 漢方的にも、お酒は寒さを散らし、経絡の通行を良くして、血液の循環を良くします。
 また、少量の酒類は、脾胃を助け、消化促進となります。


 「本草備要」では、酒は辛いとよく散じ、苦いものはよく降ろし、甘いものはお腹に入っても緩やかであるが、濃ければ熱して毒になる。
 薄ければ小便を利す。いろいろなものを導くのに用い全身の体の外側を通行し、薬の効き目を良くするが、熱いものを飲みすぎれば肺を損ない、温めてのむくらいなら、お腹の調子を整える、少し飲めば、血を整えて気の流れを良くする、精神活動を盛んにして、寒さを防ぎ、沈んだ心も持ち上げて、悪いものを除き、腎膀胱を温め、薬の効き目も良くするが、飲みすぎれば、精神も病んで血液の異常も起こし、胃の調子を崩し、熱症状になり痰を生じる、怒りをはじめたり、湿熱の病を生じる。とある。




 つまり、少しお酒を飲むことは良いが飲みすぎればいろいろな病にかかることは昔から一目瞭然であったことは言うまでもないです。


 漢方薬も昔からお酒で服用すると効き目が良いというものがあります、当帰芍薬散や八味地黄丸などのような身体を温めるのが必要な漢方です。それぞれ、材料の生薬を酒を浸して炒る又は蒸すと良いとされるものが入っております。生薬をそのように料理すると味はまろやかになり、胃に当たりづらくなります。漢方料理の世界です。又、麹(こうじ)菌の入った、漢方薬もあります。薬用酒は皆様の周知のところでございます。このどこにそんなものが入っているんだ??何てものも世間には多々ありますが、それが基本です。


 日本酒の酒造メーカーはそれぞれ秘密の麹菌とより良い食用としては使わない大粒の専用のお米、そして水で、その風味などで高い技術を誇り、世界に輸出されております。


 本当に良いお酒と出会う、そのお酒で健康になる。その為には常日頃の養生があって、百薬の長となります。楽しい、お酒の為にも日ごろの養生には気を付けましょう!


 健康の為にしっかり、考えて、お酒の必要性を考えましょう!


コメント:酒は飲み過ぎれば誰でも毒になりますが、病状によっては多少のお酒は身体に良いことはあります。しかし、食養生を守って初めてお酒も少しくらいはです。
          漢方専門 桜門漢薬局





年齢とともに、病気の改善が遅くなってきてはおりませんか? 漢方には老化をふまえた血の治療もございます。ホームページでは伝えたいことを全てお伝えはできませんが、気に入って、頂けたら、いちどご相談下さい。


◆完全予約制です。
じっくりと漢方相談を行うことが特徴です。
土曜日はご予約の希望時間が重なりあってしまいます。
そのため、可能な方は、じっくりとした漢方相談のできる平日に来て頂けたらありがたいです。