知多半島(半田市 東海市 知多市 常滑市 大府市 東浦町 阿久比町 美浜町 南知多町 武豊町)や碧南、西尾、名古屋を中心に県内外・海外の方にご利用いただいている漢方薬局です!半田:鍼灸の桜門


時間をかけて細かくご相談することで、漢方はより正確にお身体に合わせることができます。 漢方の服用のみでなく、正しく、ツボを知ることにより、漢方のみでは知りえなかった効果を発見することができます。より速い、妊娠、腰痛、アトピーの痒み改善、癌の症状、自律神経の安定につながります。
オフィシャルサイト
桜門はお城の本丸の正面入口を示す用語です。)


お気軽にご相談・ご予約下さい。


メールフォーム⇒⇒
直メールnagoyakanpo@yahoo.co.jp
【基本平日・土曜・祝日対応】
時間外などもお問い合わせ下さい。

漢方製剤解説第3巻
漢方薬局のもっと活用すべき漢方製剤を分かりやすく解説

漢方処方のキーポイント処方
ここに載っている処方は、新しく27年度に追加された漢方製剤で、
私のおすすめのものを、
私なりに解説していきますので、内容の良し悪しはあるかもしれませんが重要な処方になります。

漢方の処方や考え方やヒントを学ぶコーナーです。

延年半夏湯(えんねんはんげとう)について⇒

黄耆桂枝五物湯(おうぎけいしごもつとう)について⇒

解労散(かいろうさん)について⇒

加味解毒湯(かみげどくとう)について⇒

加味四物湯(かみしもつとう)について⇒

加味平胃散(かみへいいさん)について⇒

杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)⇒

柴蘇飲(さいそいん)について⇒
蛇床子湯(じゃじょうしとう)について⇒
蒸眼一方(じょうがんいっぽう)について⇒
椒梅湯(しょうばいとう)について⇒
秦艽羗活湯(じんぎょうきょうかつとう)について⇒
秦艽防風湯(じんぎょうぼうふうとう)について⇒
沢瀉湯(たくしゃとう)について⇒
知柏地黄丸(ちばくじおうがん)について⇒
中建中湯(ちゅうけんちゅうとう)について⇒
当帰芍薬散加黄耆釣藤(とうきしゃくやくさんかおうぎちょうとう)について⇒
当帰芍薬散加人参(とうきしゃくやくさんかにんじん)について⇒
八解散(はちげさん)について⇒
味麦地黄丸(ちばくじおうがん)について⇒
明朗飲(めいろういん)について⇒
連珠飲(れんじゅいん)について⇒








ここをクリック!

年齢とともに、病気の改善が遅くなってきてはおりませんか? 漢方には老化をふまえた血の治療もございます。ホームページでは伝えたいことを全てお伝えはできませんが、気に入って、頂けたら、いちどご相談下さい。