知多半島(半田市 東海市 知多市 常滑市 大府市 東浦町 阿久比町 美浜町 南知多町 武豊町)や碧南、西尾、名古屋を中心に県内外・海外の方にご利用いただいている漢方薬局です!半田:鍼灸の桜門


時間をかけて細かくご相談することで、漢方はより正確にお身体に合わせることができます。 漢方の服用のみでなく、正しく、ツボを知ることにより、漢方のみでは知りえなかった効果を発見することができます。より速い、妊娠、腰痛、アトピーの痒み改善、癌の症状、自律神経の安定につながります。
オフィシャルサイト
桜門はお城の本丸の正面入口を示す用語です。)


お気軽にご相談・ご予約下さい。


メールフォーム⇒⇒
直メールnagoyakanpo@yahoo.co.jp
【基本平日・土曜・祝日対応】
時間外などもお問い合わせ下さい。

1、アトピー性皮膚炎と漢方薬療法トップ
 皮膚病はステロイドや保湿剤で改善される方は多々いると思います。
しかし、東洋医学の考え方からすると、
 アトピーを克服するにはステロイドを使わないでも良い状態にすることが理想です。
 しかし、症状が酷い場合など、どうしてもなくてはならない時期はあると思います。

 玄米がいいと言えば玄米を試し、
 ヨーグルトがいいと言えばヨーグルトを試し、
 この保湿剤が良いと言えばそれを試し・・・・
 しかし、多くの患者様は繰り返されております。

 アトピーの語源は「場所や原因が不特定」など、よくわからないという意味のギリシア語を起源とするものです。
 そのことから原因は複数考えられるということです。そのため治療法も複数存在しますので、お身体に合った方法を探していかねばなりません。
 お身体に合った良い漢方薬を使えば改善はしていきますが、合わない漢方薬では改善しないこと、悪化することもあります。

 アトピー皮膚炎の原因となる物質は多数ありますが、少しずつ排除していくことで、改善の段階を早めます。
 また、アレルギー性鼻炎や喘息に発展する可能性を低下させます。

 清潔にすることが皮膚には一番で、中には消毒や水洗いをしっかりされることである程度改善される方もおります。
 白色ワセリンを中止して水洗いや漢方軟膏にすることで改善に繋がった方もあります。
 また、痒くて掻いて出た汁が漢方を飲んで増えて、その汁を絞ったことで改善に繋がった方もおります。
 後のコーナーに私が選んだアトピーの養生が書いてあります。参考にされて下さい。

ここをクリック!

年齢とともに、病気の改善が遅くなってきてはおりませんか? 漢方には老化をふまえた血の治療もございます。ホームページでは伝えたいことを全てお伝えはできませんが、気に入って、頂けたら、いちどご相談下さい。