知多半島(半田市 東海市 知多市 常滑市 大府市 東浦町 阿久比町 美浜町 南知多町 武豊町)や碧南、西尾、名古屋を中心に県内外・海外の方にご利用いただいている漢方薬局です!半田:鍼灸の桜門


時間をかけて細かくご相談することで、漢方はより正確にお身体に合わせることができます。 漢方の服用のみでなく、正しく、ツボを知ることにより、漢方のみでは知りえなかった効果を発見することができます。より速い、妊娠、腰痛、アトピーの痒み改善、癌の症状、自律神経の安定につながります。
オフィシャルサイト
桜門はお城の本丸の正面入口を示す用語です。)


お気軽にご相談・ご予約下さい。


メールフォーム⇒⇒
直メールnagoyakanpo@yahoo.co.jp
【基本平日・土曜・祝日対応】
時間外などもお問い合わせ下さい。

1、痔(ぢ)と漢方薬とケア、トップ

痔にはどのようなイメージをお持ちでしょうか?

痔は成人の3人に一人がかかる病気です。

痛くて、血が出る、恥ずかしい場所なので、あまり話したくないものですが、多いものです。

しかし、激痛が走りやすい場所でもあります、というのも肛門の周囲は太い神経が巡っています。何とかして改善しないと、いつまでも痛みが続きます。

 お薬や病院で診察を受けても、再発を繰り返すひとは、体質が原因です。

 痔が治らなくて死んだほうがましと思う方、手術以外にも、本格的な漢方療法も考えましょう。

●痔になると・・・

 汁が出て、肛門が痒くなったり、排便時に痛くなったり、出血したり、膿が出て下着が汚れたり、臭い匂いになります。
また、恥ずかしさからあまり、話をしたくない病気でもあります。

お酒を飲んだ翌日などは特に悪化しやすいです。
肝臓の調子も絡むからです。

また、下痢や便秘が発端のものや、辛いものニンニクのように炎症を助長するものの連日の飲食もあります。

その他、痔ではないですが、いつも肛門が気になる肛門神経症という問題もあります。

ここをクリック!

年齢とともに、病気の改善が遅くなってきてはおりませんか? 漢方には老化をふまえた血の治療もございます。ホームページでは伝えたいことを全てお伝えはできませんが、気に入って、頂けたら、いちどご相談下さい。