知多半島(半田市 東海市 知多市 常滑市 大府市 東浦町 阿久比町 美浜町 南知多町 武豊町)や碧南、西尾、名古屋を中心に県内外・海外の方にご利用いただいている漢方薬局です!半田:鍼灸の桜門


時間をかけて細かくご相談することで、漢方はより正確にお身体に合わせることができます。 漢方の服用のみでなく、正しく、ツボを知ることにより、漢方のみでは知りえなかった効果を発見することができます。より速い、妊娠、腰痛、アトピーの痒み改善、癌の症状、自律神経の安定につながります。
オフィシャルサイト
桜門はお城の本丸の正面入口を示す用語です。)


お気軽にご相談・ご予約下さい。


メールフォーム⇒⇒
直メールnagoyakanpo@yahoo.co.jp
【基本平日・土曜・祝日対応】
時間外などもお問い合わせ下さい。

坐骨神経痛の症例1

患者さんの声
 半年以上前から、左足がお尻のところから痛くなり、左足の下のほうは痺れもありました。暖めるといくらか、楽になりました。鍼治療にも数年前から行っており、治療すれば、一時的には良いのですが、時間と金銭的に辛いことを友人に話すと、先生の漢方薬局が良いのでは?と紹介して頂きました。
 知人の紹介でこちらに伺い、漢方を1ヶ月分いただきました。3週間で症状は微妙に良いくらいでしたが、下痢の症状もあり、他で漢方薬を貰ったことはありましたが、下痢が酷くなったりで、粉の漢方薬では味も酷く胃にもたれてしまう状態でした。ですので煎じの漢方薬を作って頂き、服用3ヶ月で明らかに良くはなりました。たまに冷えると痛むことはありますが、だいぶ良くなりました。先生からの養生法と少量の漢方薬を続けています。

治療家コメント
この方は、坐骨神経痛と腰の痛みと下痢の症状を訴えられていました。
漢方的には体質的にお血・内寒・水毒が原因であったため、それが膀胱経に波及して起こった症状でした。冷えの改善とお血・内寒・水毒の食養生、坐骨神経痛の家でのお灸ケアを行いました。漢方薬は複数の薬を使う必要がありました。ただ費用の面を考えてみると初めはかかりますがある程度良くなれば、お薬は半量もしくは調子が悪くなると予感したときだけで続ける必要がある場合があります。


使用した薬とその費用の目安
甲字湯
当帰四逆湯
知柏地黄丸
桂枝加朮附湯
ニンニク製剤
その他生薬
テンナンセン


1日のお薬代500円
※使うお薬、金額は患者さんによって異なります。
1日400円~550円の方が多いです。
養生薬をプラスされる方はご相談下さい。
症状の改善と同時にお薬の量は減ります。



ここをクリック!

年齢とともに、病気の改善が遅くなってきてはおりませんか? 漢方には老化をふまえた血の治療もございます。ホームページでは伝えたいことを全てお伝えはできませんが、気に入って、頂けたら、いちどご相談下さい。