知多半島(半田市 東海市 知多市 常滑市 大府市 東浦町 阿久比町 美浜町 南知多町 武豊町)や碧南、西尾、名古屋を中心に県内外・海外の方にご利用いただいている漢方薬局です!半田:鍼灸の桜門


時間をかけて細かくご相談することで、漢方はより正確にお身体に合わせることができます。 漢方の服用のみでなく、正しく、ツボを知ることにより、漢方のみでは知りえなかった効果を発見することができます。より速い、妊娠、腰痛、アトピーの痒み改善、癌の症状、自律神経の安定につながります。
オフィシャルサイト
桜門はお城の本丸の正面入口を示す用語です。)


お気軽にご相談・ご予約下さい。


メールフォーム⇒⇒
直メールnagoyakanpo@yahoo.co.jp
【基本平日・土曜・祝日対応】
時間外などもお問い合わせ下さい。

膝痛の症例


患者さんの声
膝が痛み始めたのはもう10年以上前ですが、最初はそれほどひどくなく我慢できる程度だったのですが、数年前から、少し歩いても激痛が入るようになり、近くに買い物に行く時でも、車を利用しないといけないくらいつらい状態でした。知人の紹介でこちらに伺い、漢方を2週間分いただきました。2週間で症状は微妙に良いくらいでしたが、整形外科での治療では悪くなる一方だったので、辛抱して続けてみることにしたのです。ふくよう1ヶ月で前よりは明らかに良くはなりましたが、痛みはやはりありました。3か月服用で痛みはほとんど取れましたが、つきあいで丸1日歩き続けたらまた再度痛みが出てきました。先生からは養生も大切です。と言われそれ以降は一度にたくさんの負担を長時間かけないように気をつけました。するとまた1ヶ月で前と同じ状態に戻りました。その後痛みが消えても歩くときに違和感が残っていたので、それを先生にお話しして、再度薬を変えてもらい、今は違和感も無くなり、通常歩く程度なら全く痛みもなくなりました。本当にありがとうございました。


治療家コメント
この方は両膝が悪く、しかも時間をかけて悪くして来ていたので治療が非常に大変でした。もともとは右膝の内側か外側のみが悪かったのですが、それをかばうため、左膝の内側か外側を痛め、それをかばうためにまた右膝の痛めていない側を痛め、それをかばうために左膝の痛めていない側を痛め、かばうことが全くできなくなったところで薬局に来られたのでした。左右の膝とも痛めている箇所が数か所あり、漢方的には原因が別であったため、同時、複数の薬を使う必要がありました。ただ費用の面と、薬どうしの効能などからすべてでなく、より痛みに関係しているものを優先して治療しました。また膝は日常の生活でも無意識によく使う場所なので、気をつけないと使い過ぎで悪化することがあるのです。完全に良くなるまでは膝を酷使することは控えるべきです。この方は後半それを実践されたので良くなったのです。


漢方薬とその費用の目安


1日の治療代550円→後に予防に1/2量服用となり1日225円
※使うお薬、金額は患者さんによって異なります。
1日300円~500円の方が多いです。


ここをクリック!

年齢とともに、病気の改善が遅くなってきてはおりませんか? 漢方には老化をふまえた血の治療もございます。ホームページでは伝えたいことを全てお伝えはできませんが、気に入って、頂けたら、いちどご相談下さい。