知多半島(半田市 東海市 知多市 常滑市 大府市 東浦町 阿久比町 美浜町 南知多町 武豊町)や碧南、西尾、名古屋を中心に県内外・海外の方にご利用いただいている漢方薬局です!半田:鍼灸の桜門


時間をかけて細かくご相談することで、漢方はより正確にお身体に合わせることができます。 漢方の服用のみでなく、正しく、ツボを知ることにより、漢方のみでは知りえなかった効果を発見することができます。より速い、妊娠、腰痛、アトピーの痒み改善、癌の症状、自律神経の安定につながります。
オフィシャルサイト
桜門はお城の本丸の正面入口を示す用語です。)


お気軽にご相談・ご予約下さい。


メールフォーム⇒⇒
直メールnagoyakanpo@yahoo.co.jp
【基本平日・土曜・祝日対応】
時間外などもお問い合わせ下さい。

蓄膿症と漢方の特集ページ


1、蓄膿症の基本トップページ

蓄膿症とは、鼻の骨の奥にある副鼻腔と呼ばれる空洞が7つあります。
その空洞は外界に鼻の奥から通じております。そこに菌が感染し、慢性化して膿が溜まってしまう病気です。慢性副鼻腔炎ともいいます。


また、蓄膿症は急性の副鼻腔炎が慢性化したもので、風邪やインフルエンザや虫歯菌などが起因することが多く、


よくあるパターンとしてはインフルエンザや風邪など、感染性のものから、

数日間、鼻水による鼻づまりが続き、鼻づまりがひどくなり、
鼻水は粘り気が出てきて、黄色や黄緑色など、菌の感染特有の汚く濁った鼻水が出ます。
仕事中や授業の最中も酸素不足で頭の働きが悪くなります。
早期であれば、耳鼻科の治療で治ってしまうことが多いですが、
中には、抗生剤を服用しても症状が治まりづらい方もあります。
患者さんにより、この鼻ポリープ(鼻茸)ができる方もおります。

膿を排除することが大切です。

酷い方は手術の必要が出てきます。

しかし、中には手術しても再発される方がおります。

そんな方には漢方療法で体質改善ということは大切です。


1、蓄膿症の漢方治療の基本

1、蓄膿症と漢方のトップ


2、蓄膿症の原因と漢方

2、蓄膿症の原因を確認


3、蓄膿症の漢方分類

3、漢方を服用前は原因タイプの分類が必要です。


4、蓄膿症の養生

4、蓄膿症は普段からの養生も大切です。


ここをクリック!

年齢とともに、病気の改善が遅くなってきてはおりませんか? 漢方には老化をふまえた血の治療もございます。ホームページでは伝えたいことを全てお伝えはできませんが、気に入って、頂けたら、いちどご相談下さい。